可能な限りの無痛虫歯治療|まさき歯科クリニック 西葛西「南口」1分の歯医者。夜8時まで。土日も診療

診療時間10:00~20:00 休診日 水・祝 03-6808-6696

Caries / 虫歯治療

可能な限り痛くない・削らない・神経を残す それが患者様の想い。 その想いを受け止め、具現化すること それが当院の使命です

+当院で虫歯治療をされた患者様からメッセージを頂きました。

 

 

 

 

+まさき歯科クリニック式-可能な限り「痛くない」歯科治療

診療

虫歯に感染すると、多くの方は言いようのない不安に駆られるのではないでしょうか。

その不安の原因は、歯医者で「痛い」思いをするから。これが正解だと思います。

 

虫歯の治療に「痛み」はつきもの、確かにこれまではそうでした。

 

しかし、今や歯科医療も格段の進歩を遂げ、可能な限り痛くない治療が可能となりました。当院が実践している可能な限り痛くない治療を下記にご紹介します。

 

Step1 表面麻酔

多くの方が苦手なのは、麻酔注射をする時の痛みです。

当院では事前に注射する箇所に麻酔液を塗ることにより

注射時の痛みを無くします。また、通常歯科医院で利用

する表面麻酔に比べ、非常に効果の高い表面麻酔を導入して

いますのでより痛みが軽減されます。

表面麻酔

 

Step2「極細の針」を使用

針は細ければ細いほど痛みは小さくなります。

当院では極細の針を使用しておりますので

ほとんど痛みを感じることはありません。

針

Step3 針を刺す部位の考慮

お口の中には痛みを敏感に感じる部位、あまり痛みを

感じない部位が存在します。

 

我々歯科医師は解剖学的な知識も持ち合わせています

ので、どの部分が痛いのか、どの部分が痛くないのかを

しっかり把握しています。そのため、極力痛みを感じ

にくい部位に針を刺すことを心掛けています。

診療

 

Step4 ゆっくりと適切な量を注入

麻酔液を急激に注入すると組織が膨張し痛みの原因と

なりますので、注入量と注入スピードを加減し麻酔を

打ちます。また、麻酔液を人肌まで温めることにより、

可能な限り痛みを感じない工夫もしております。

電動麻酔

また、患者様が治療を嫌がる理由として「歯を削る時の音」があります。

 

5倍速コントラ

歯医者を連想する際、あの「キーン」という不快な音を

い浮かべる方は多いのではないでしょうか。当院では

この不快な「音」に対しても配慮をしています。

 

具体的には「5倍速コントラ」という機器を使うのですが、

通常の歯を削る機器よりも「5倍」の速さで回転しますので、

その分、機器の音が格段に小さくなります。

 

歯医者独特のあの「キーン」という音もしないので

怖がるお子様も少ないです。

 

その上、「早い回転で削る」ということは「ブレ」が少なくなるため、歯を削る量も最小限に抑えられます。そして、「歯を削る時の振動」も通常よりも軽減されますので、患者様には好評をいただいております。

 

当院では他にも歯医者嫌いのお子様や、歯科恐怖症の方のために「静脈内鎮静法」という方法もご用意しております。

 

ウトウトしている間に終了する「睡眠無痛治療」 ・・・

静脈内鎮静法

当院では、治療時の痛みを緩和する際、基本的に「局所麻酔(通常の治療で利用する麻酔)」で対応させて頂いておりますが、患者様がご希望される場合や、ドクターが判断した場合は「静脈内鎮静法」という麻酔を行います。静脈内鎮静法とは、全身麻酔に近いにも関わらず身体への負担が少なく、「うとうと」した状態になり、緊張や不安、痛みを感じないまま手術を終える事が出来ます。この方法を利用した患者様のほとんどが「気づいたら終わっていた」とおっしゃいます。もちろん、副作用や後遺症などありませんのでご安心ください。

 

当院では、静脈内鎮静麻酔を行う場合は、提携している日本歯科麻酔学会認定医の先生と共に治療を行います。

 

 

 

+まさき歯科クリニック式-可能な限り「削らない」「歯を残す」治療

一度歯を削ると、詰め物や被せ物をして機能を取り戻すことはできますが、削ってしまった歯は再生することはないため、二度と元には戻りません。

 

「天然歯に勝る歯はこの世に存在しない」

 

歯を削ることは、歯の寿命を縮めることになります。何度も治療を繰り返す内に削る部分もなくなってしまい、最終的には歯を抜いてインプラント入れ歯をすることになります。当院では一人でも多くの方に健康で幸せな人生を送って頂きたいと考えております。だからこそ可能な限り「削らない」虫歯治療にこだわるのです。

 

ここからはどのようにして、可能な限り「歯を削らないで治療できるのか」をご紹介します。

 

こだわり1.視野を拡大することで精密な治療を可能とする「拡大鏡」

ルーペ

歯を削る量を最小限に抑えるには、治療部分がしっかりと見えなければなりません。従来までは「肉眼」で見える範囲での治療でしたが、当院では「拡大鏡(ルーペ)」というものを利用し、肉眼よりも数倍拡大された視野で治療を行っています。

 

下の画像は肉眼での視野と、拡大鏡の視野の比較となります。

どちらの方が精密な治療ができるかは一目瞭然ですね。

 

肉眼で見たばい 拡大ルーペで見た場合

 

 

こだわり2.必要最低限しか削らない「超極細ドリル」

超極細ドリル

歯を削るドリルには大きいものから小さいものまで

多くの種類があります。

 

当然のことですが、大きいドリルを使うと歯を削る

量も大きくなりますので、当院では従来よりも格段に

細いドリルを使用しております。

 

また、小さいドリルを使えば、手元が見えやすく、

削りすぎるのを防いでくれるメリットもあります。

 

 

こだわり3.虫歯感染部位を明確に教えてくれる「う蝕検知液」

う蝕検知液

う蝕検知液とは、虫歯の部分のみを赤く染める薬剤です。

虫歯治療を行う上で一番大切なのは、虫歯に感染した

部分を完全に除去することですが、通常は虫歯の硬さを

頼りに、軟らかくなった部分を削っていきます。

しかし、この方法では、感染部位を確実に、そして

正確に除去することはできません。

そこで、このう蝕検知液を使うと、感染した部分が赤く

染まりますので、どこまで虫歯を削ればよいかがわかり、

歯を削る量を最小限に抑えることができます。

 

さらに当院では、歯を削る量を少なくする方策として、最終確認として「手の感触」で虫歯の状態を確認する工程を踏んでいます。具体的には「スプーンエキスカベータ―」と呼ばれる道具を利用します。

 

虫歯に侵された部分は「軟化象牙質」といい、歯が軟らかくなっています。

この部分は通常ドリルでも除去できますが、手の力で除去することもできます。

 

スプーンエキスカベーター

当院ではドリルだけで治療を終えることはありません。

その理由は、ドリルを利用することで健康な歯までも

削ってしまう可能性があり、虫歯の奥にある神経を

痛めてしまう可能性があるからです。

 

ある程度の部分まではドリルを利用しますが、最後は

スプーンエキスカを利用し、手の感触で虫歯に感染した

部分をしっかり見極め感染部分の除去を行います。

 

通常よりも少し時間はかかってしまいますが、可能な限り健康な歯を残すための当院のこだわりとお考え下さい。

 

 

こだわり4.可能な限り歯を残すことができる「エクストリージョン」

虫歯がかなり進行してしまうと、通常であれば抜歯の運命を辿ります。

しかし、エクストルージョン治療を行うことで、本来抜かなければいけない歯を可能な限り残すことができます。

 

エクストルージョン(歯根挺出術)とは矯正治療の一つで、虫歯治療にも応用できる、矯正力によって歯を引っ張りだす治療法です。

 

治療の流れとしては、歯肉の下に埋もれている虫歯になってしまった歯を部分的な矯正によって引き出します。そして、露出した歯(歯根)に土台を立てることが可能になるので、歯を抜かずに被せ物を作ることが出来るのです。虫歯が進行してしまい、他院で「歯を抜かなればなりません」と言われてしまった方、一度当院にご相談ください。

 

エクストルージョン図

 

 

 

+虫歯治療後の詰め物・かぶせ物の種類

詰め物・かぶせ物には様々な種類があります。

 

良く知られているのは、先ほどお伝えした「銀歯」と呼ばれているものですね。

これは保険適用の素材で「安価」であることにメリットがあるのですが、「見た目」「金属アレルギー」「耐久性」「精度」などにおいてデメリットがあります。

 

かわって保険適用外(自費治療)の素材は、保険適用の素材と比べ「審美性」「体への優しさ」「機能性」「耐久性」「精度」などにおいて様々なメリットがあります。

 

つめ物・かぶせ物には様々な種類がありますが、当院では患者様のご希望をしっかりお聞きした上で、プロの目線からも適切なご提案をさせて頂いております。

 

コラム 安価に白い歯を手に入れたい方へ

最近では、ダイレクトボンディング(審美CR)という最新の治療法(自費治療)を選択される患者様が多くなりました。以前までは、「小さな虫歯を白く治療したい」、「欠けてしまった歯を白く治療したい」というご要望には、コンポジットレジン充填治療をご提案していました。

 

この治療法は、保険適用なので安く、銀歯と比べて審美性に優れるなどのメリットがありましたが、耐久性が低いので歯の一部が欠けたり、また2次的な虫歯になってしまうというデメリットが存在していました。

 

しかし、ダイレクトボンディング(審美CR)は、保険のコンポジットレジン充填治療よりもはるかに耐久性が向上し、変色しにくい素材になっています。また、治療も1回で終了し、歯を削る量も他のつめ物と比べ圧倒的に少なくて済みます。治療費も¥15,000~とお手頃価格です。ご希望がありましたらスタッフまでお声掛けください。

ビフォアー アフター

 

 

+個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

無料相談

インターネット予約

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-13-12 第一大高ビル2F

◎10:00〜13:30 ●15:00〜18:30

 

 

+患者様の声

詳細は患者様の声をご参照ください。

 

 

+症例集

詳細は症例集をご参照ください。

症例集

 

 

+料金表

費用・素材の特徴に関しては料金表をご参照ください。